人材開発

人材開発・研修(リーダーシップなど)

組織能力を最大限に高めるためには、マネジメント層から一般社員まで各層の仕事に対する考え方や取り組み姿勢、そして、マネジメント層が部下を指導・育成するためのスキルや人間関係を構築する能力が、それぞれ整合性をもって高められることが重要です。フットステップスは、これらを実現するための多様なトレーニングや研修を提供するとともに、実施した研修の効果測定や改善提案などのフォロー体制も整備しています。

  • マネジメント基礎トレーニング
  • パフォーマンスマネジメントトレーニング
  • チームビルディングトレーニング
  • ダイバーシテイトレーニング
  • リーダーシップトレーニング
  • コミュニケーショントレーニング
  • ファシリテーション
  • プレゼンテーション トレーニング
  • コンフリクト リゾリューション
  • コンプライアンス トレーニング
  • 効果的な採用面接の仕方

 

導入のメリット(リーダーシップ・トレーニングの例)

ビジョン共有

経営理念や会社のビジョン、ビジネスゴールの理解促進を図り、組織のあるべき姿を互いに表現できるようになります。

課題抽出

現状とあるべき姿とのギャップを認識し、そこに潜む課題を抽出することができるようになります。

戦略策定

課題解決や意思決定に際して幅広く問題点や要因を考慮し、効果的戦略策定が可能となります。

動機付け

動機づけのために、どのような目標を設定すれば良いのか、そのための日常の言動や評価のフィードバックの方法を身につけることができます。

評価

評価を通して部下のモチベーションをどのようにして向上させるか、その考え方と方法論を学びます。

 

組織能力を高める3つの指標

組織能力を高めるためには「方向性」、「しくみ」、「能力」という3要素のバランスが「鍵」となります。この3要素がバランスよく調和し、そこに納得感のある社内コミュニケーションが加わることによって組織能力は一層高まってきます。

 

デジタルデータとコメントシートで社員の本音を把握

フットステップスのアセスメント/サーベイでは、結果から、デジタル情報を分析し、同時に、フリーコメントシートに書かれた社員の言葉を詳細に検証することで、社員の方々の現状意識を正しく把握するとともに、モチベーション向上を阻害している要因を適確に抽出することができます。同時に、組織能力を効率的に高めていくためには「まず何が必要か」を論理的に導き出し、改善提案を行います。

 

導入により期待できるメリット

  • 現状とあるべき姿とのギャップを確認することができます。
  • 現状の課題点を客観的なデータによって把握できます。
  • 変更すべきポイントの優先順位付けと分析ができます 。
  • 客観的なデータより現在の企業風土を読みとることができます。
  • 社員に対して、企業改革に対する姿勢をアピールできます。